So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

真空断熱コンビニマグ(CBCT400WH)購入 [あれこれ、]

124_204335.gif最近、紅茶やコーヒーを持って歩いて、いつでもアツアツの紅茶やコーヒーを楽しんでます。

通勤時、職場・家庭はもちろんですが、釣行やサイクリングにも持って出てます。

このマグ、真空断熱で結構アツアツを保ってくれます。(真空断熱のボトル等には劣ります。上部はプラスチック製なので)

まあ、それより何より、「コンビニマグ」と謳ってるだけあって、家を出るときは何も入れず、途中でコンビニに寄ってドリップから直接マグに入れることが出来るところがいい。ココアや抹茶ラテとかもいいですよ。

このマグ 0.36L 入るってことですが、コンビニのコーヒーLサイズが余裕で入ります。

蓋をちゃんと閉めれば中身が鞄の中などに漏れることはありません。いいてす。便利。
使い勝手有り。冬だけでなく、真夏も氷入れて使えます。

Amazonで送料込み1,050円だったので買ってしまいました。(笑)

124_211110.gif私が注文した色はホワイトでしたが、少しクリーム色がかってました。
車のプレミアム・ホワイト・パールに似た色ですが、決して安っぽさや陳腐なとこはありません。気に入ってます。

蓋を外せば普通にタンブラーとしても使えます。飲み口がプラスチック製なので、唇が火傷する事はありません。ただ熱湯を入れとくとなかなか冷めないので要注意ですけど。私も火傷しました。ともかく、匂いもしないし、いい感じです。

ドウシシャ製タンブラー(ふた付き)「コンビニマグ ダイレクトタイプ」(CBCT400WH)

実は、こっそり HONDA「無限 MUGEN」のシールを貼っとります。
でもこれ、失敗でした。
HONDA の粗品っぽくなってしまいました。(笑)










ヘッドホンアンプ「NX3」を購入 [音楽]

NX3-3.jpg携帯充電式の小型薄型ヘッドホンアンプを買ってみました。

とは言え、お金がないので SONYとかの3万円以上はするハイエンドヘッドホンアンプってわけにはいきませんので、1万円以下の中国メーカーのものにしてみました。

でも中身は一応、ちょっと古いSONYのPHA-2JVCのSU-AX7などの高級携帯ヘッドホンアンプ(いずれもかっこいい製品)にも採用されていた、低ひずみ・0.00055%を誇る高音質・高性能ハイエンドヘッドホンアンプ用IC【TPA6120】を採用した(最近は珍しくないけど)、Topping社ヘッドホンアンプ「NX3」(ちょっと見栄えが悪い)。

でもこの「NX3」、見栄えはいまいちですが、音質のクオリティの高さでは結構ネット上で評価が高い製品。でも大規模量販店にも置いてなくて、試聴も出来ず、でも購入しました。



プレイヤーは以前使っていた au のスマホ「HTC J ISW13HT」を再利用。イヤホンはステージユース用の SONYのインナーイヤーモニターホン「MDR-EX800ST」。

ともかく、「ハイレゾ」とかが流行の時代ですが、これでなんと音が激変しました。ただ持ち運び重量が…。(笑)

NX3-1.jpg評判通り、やはり音が少し硬いです。もう少し柔らかく、しなやかな音質で、音の細部まで再現されるアンプだったら良かったんですが。まあ、これはこの価格では仕方ないですね。

しかし「オーディオルームを持ち運ぶ」が売りの「NX3」。中国メーカーの中では音質にこだわって作り込む会社のものというだけあって、確かにコンセプト通り、高音質の音は出てます。





G&V 銀メッキ 高純度OFC 3.5mm-3.5mm ミニケーブル ヘッドホンアンプ 向け

G&V 銀メッキ 高純度OFC 3.5mm-3.5mm ミニケーブル ヘッドホンアンプ 向け

  • 出版社/メーカー: G&V
  • メディア: エレクトロニクス



戦争のつくりかた [あれこれ、]

「りぼんぷろじぇくと」が制作した『戦争のつくりかた』。 いつか通ってきた道を、また、通るユニバースに、 決してなりませんように。




新・戦争のつくりかた

新・戦争のつくりかた

  • 作者: りぼん・ぷろじぇくと
  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2014/09/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



戦争のつくりかた

戦争のつくりかた

  • 作者: りぼん・ぷろじぇくと
  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2004/07/27
  • メディア: 単行本



「isai vivid LGV32」電池交換。「LG G4」用の純正品を購入 [あれこれ、]

LG純正交換電池2.jpg使っているスマホ、au の 「isai vivid LGV32」の電池が弱ってきたので、交換電池を購入しました。

皆さんご存じのように、 「isai vivid LGV32」は、世界販売されている「LG G4」の機能縮小版。

そこで、au の純正交換電池ではなく、LG G4 用の、LG純正の交換電池を購入しました。

amazon だと、2500円~2650円ほどで販売されています。

LG G4 用のLG純正の交換電池は、電池の他、電池ケースと電池の充電パックが同包されています。
充電パックはmicro USBケーブルで急速充電器等と繋いで、電池を単独で充電出来るようになっています(写真1枚目)。
LG純正交換電池1.jpg
私の購入したものは、パッケージから製品の作り等しっかりしていました。

どこのメーカーの、どんな製造をした電池かよく分からない、性能不明、信頼性?の互換電池より、少しはましかと思います。

純正電池だけで販売されているともっと良いのですが。次に購入するときは、充電器はいらないので…。








スマホ用USBケーブル 6本セット 防水収納袋付き

スマホ用USBケーブル 6本セット 防水収納袋付き

  • 出版社/メーカー: BRG
  • メディア: エレクトロニクス



中古のフィットシャトルハイブリッドの燃費 [車]

燃費20160505.jpg4月30日から5月5日まで、九州に5日間帰郷しておりました。

今回は釣りをする時間が無く残念。(T_T)

さて、中古で購入したフィットシャトルハイブリッドの、九州往復5日間の燃費ですが、24.9km/l (往復総走行距離1650km)でした。
カタログ値の燃費が25km/lなので、簡易の燃費計上はほぼ同数値となりました。

もう少しこの車に乗り慣れれば、燃費はまだ上げられそうです。帰郷時はオートクルーズを多用したのですが、オートクルーズで走ると燃費が悪くなることがわかりました。

その後は、エコモードに入れたまま、ギアはDモードとSモードで走行。Sモードを使っての走行は前車のストリームでの燃費走行の経験から、場合によっては、DモードよりSモードを短時間使った方が、燃費にいい実績からです。少しコツのいる操作ですが、これが一番。Sモードは燃費を意識して使わない人も多いようですが、使い方次第で燃費を伸ばせます。これは本当。

しかしまあ、前車のストリームと比べると、燃費は8~10km/lほど良いのですが、走りはかなり劣ります。エンジンの排気量とタイヤ、足まわり等の差だと思います。

高速道路を時速100km以上で巡航するには疲れます。所詮フィットは街乗り用の車。片道650kmを超える高速・長距離走行には、フィットは向きません。ストリームの時よりしんどかったあ~。(^^;)

煙樹ヶ浜へ釣行 [釣り]

煙樹ヶ浜2.jpg9日㈯、遅まきながら今年最初の釣行に、和歌山県日高郡美浜町和田の「煙樹ヶ浜」へ行ってきました。

早朝5時過ぎから9時半近くまで、4時間半がんばり、半年以上のブランクもあって、かなり疲れました。(^^;)

釣果ですが、55cmほどのダツが1匹。
う~ぅん、微妙。

でも、今年最初の釣行で釣果があったことには満足してます。出来れば青物があがって欲しかった。

写真ですが、いつもながらの煙樹ヶ浜。早朝から朝8時頃まではかなりの釣り人(8割以上はジギンガー)でしたが、9時を回ると激減。写真を撮ったのは帰りがけの午前10時頃です。もうほとんど釣り人はいません。

ボイルを見ることもありませんでしたし、反応もほとんど無かったので、多くのアングラーは早々に移動したのでしょう。

SL-17 F-G スクールマイワシ.jpgダツがかかったルアーは、ダイワのショアラインシャイナー SL17 F-G スクールマイワシ。
これ今は廃番?何時でも使うルアーじゃないけど、これでないとダメって時があるんだけどなあ。

なんとかダイワさんには作ってもらいたい一品です。

この後、私、このルアーをロストしてしまいました。(T_T)
是非もう1本持っておきたい。

中古の「フィットシャトルハイブリッド」に乗り換え(^^)/ [車]

みなさま、お久しぶりです。最近、体調を崩し、釣りに行けませんでした。m(_ _)m
体調も戻り、今年は釣りに出たいと思っています。(笑) さて、

FIT1.jpg先日、嫁が車をぶつけ、修理代が20数万円かかるということで、急遽、車を購入することになりました。

で、先立つものが無いので、当然中古車に…。(笑)

今まで乗っていたのはホンダのストリーム(今はジェイドになってますが)。出来れば同じ車が欲しい(ストリームお気に入りなもんで)と、ホンダオートテラスへ。

予算は150万ほど。たぶんあるだろうと出かけたんですが、ストリーム、状態がいい物は意外と無いんです。結構皆さん気に入って長く乗る人多いんですね。

それでも1店舗だけ、2013年式のストリームがあるということで出かけました。

ところが着くなり嫁が、指さしながら、「あれは何?」と言うじゃないですか。
「ああ、あれ?! フィットのシャトルハイブリッドやな」。
「ちょっと、あれ先に見よっ」と言うじゃないですか。

車の前まで行くなり、嫁はドアを開け運転席に乗ったり、リアのハッチを開けて荷台の広さを確認したり…。
「これでいいわ」と一言。「はっ?」。「私、これでいい」「??」。

まあ毎日乗るのは嫁だし、お金を握っているのも嫁。決定権も嫁。

FIT2.jpg私は車体の状態や装備等を急いで確認。価格はボディのコーティングや保証1年延長などが入って、総額167万ほど。はっきり言って、今のわが家には、高い!高いわ!!

でもまあ、2012年9月登録の29000キロ走行車で、スマートエディション。フルセグのナビ付きで、車検が2017年9月まである。中古車査定協会の点数も、5点満点の4.5点。
「まあ、これでもいいか」と一旦なりかけたんですが、問題が一つ。タイヤが結構減ってたんです。
「タイヤがあかん」「交換したら、いくらくらいかかるの?」「安いところで入れても、工賃かかるし、4万にはなるな」「ええ、予算的に厳しいねえ」「まあ、営業に聞いてみよ」。

ここのホンダの営業とはもうかれこれ20年以上の付き合い。営業所を異動してもずっと付き合ってきたということもあって、ちょいタメぐち。店長も前の営業所から知っている人なので無理も結構言いやすい。

営業「ストリームでしたよねえ」。「それが、ここに来て変わったんや」「何ですか?」「あそこのフィットシャトルハイブリッド!」「ああ、あれですか?あれいいですよ。アルミホイールも純正で新品交換してますし。装備も状態も…」「いいのは分かってるンやけど、タイヤが減りすぎ」「えっ、ホンマですか?」ってな話になって、どんどんそっちへ話しが行って…。

営業「買ってもらえるんなら店長に相談して、サービスでタイヤ交換させてもらいます。」
「どんなタイヤ、入れるの?」
「安い、ショボいタイヤじゃなくて、少しいいの入れさせてもらいます。YOKOHAMA の BluEarth AE-01F だったらダメですか?」「BluEarth かあ。まあ、いいけど。サービスで入れてくれるんだよね」「はい」。

結局、ものの20分ほどで決定。ぶっ壊れた10万キロ以上走ったストリームを下取りする形で、支払総額は諸経費あわせ156万円ちょいとなり、結局予算オーバー。でも、使ってたレーダー探知機(COMTEC 700VA+OBD2-R2セット)も一緒に工賃サービスで取り付けてもらうことにして、まあまあの買い物となりました。

何より、帰り際に気づいたんですが、フロントのエアロが「無限」製にそっくりなロアスカート(オプション)になってました。車を見に行ったのが夜だったので、そこまで良く見てなかったんですが、嬉しい誤算でした。

それから、納車までにフィットシャトルハイブリッド用の、「車速度感知自動ドアロックシステム」を購入しました。 これ、いろいろあるんですが、トラブル報告の少ない、ユーザー評価の高い物を購入し取り付けました。OBDⅡケーブル分岐で、レーダー探知機と併用しても問題なく、ドアロック and アンロックをオートでしてくれます(このくらいの機能は、標準装備して欲しいですね…)。














『百万回生きたねこ』と『糸』 [動画]

絵本『百万回生きたねこ』の作者、佐野洋子さんが亡くなって、この11月5日で5年になります。

私がこの絵本に出会ったのは高校時代。もう40年近くになりますが、初版を手にしてその場で買って帰ったのを覚えています。

この絵本は以来多くの人に愛されて、ミュージカル映画になりました。さまざまな人が読んでいろいろなことを感じる名作です。ご存じの方は多いと思います。

この『百万回生きたねこ』は一見悲しいラブストーリーなのですが、そうでもないということを最近改めてまた思いました。

それは中島みゆきさんが手がけた、今多くのミュージシャンなどに歌われている『糸』を聞いてからです。

やはり人生はハッピーエンドとはいきません。
誰でもみんな、生まれたかぎりは死ななければなりません。

この人生の幸せとは何か。
それをこの『百万回生きたねこ』と『糸』は考えさせてくれます。

わずかな言葉で語られたこの2作は、すばらしい絵本であり、すばらしい歌だと思います。






『ストレイヤーズ・クロニクル』今日から [映画]

瀬々が監督をつとめる映画『ストレイヤーズ・クロニクル』、今日27日からロードショーです。

『アントキノイノチ』にも出てもらった岡田将生君を主演にしての超能力もの、アクションものですが、超能力もの、アクションもの、実は個人的にこの2つ、瀬々は嫌いでないと思います。

今からかれこれ40年以上前になりますが、中学時代、ブルースリーの『燃えよドラゴン』だったと思いますけど、映画観て数日後、ヌンチャク買って振り回してました(当時、アチャーっとか言って、流行りました)から。

でもヌンチャク、操作を誤るとごっつ痛いんですよね。私も当時、少し貸してもらって、やらせてもらいましたが、手はもちろん、背中にあたって痛かった記憶があります。最悪、頭に当たることも…。ヒヒ~~っ。
だいたい、中学校にヌンチャク持ってきて振り回すなんて、今だと問題になるでしょうけど。

それから、やはり当時、超能力って流行ってましたよね、スプーン曲げとか予知予言。夜空に向けて何かを発信し、UFO呼ぶとか…。:-)

そう言えば、NHKで『少年ドラマシリーズ』ってのが夕方連続ドラマシリーズであって、『なぞの転校生』とか『七瀬ふたたび』とか、ありましたよね、70年代の話ですけど。NHKで超能力もの、まじめに作ってましたから。あれ観た翌朝、ドラマについてなんだかんだと教室で話したのおぼえてます。



先日瀬々から私に届いたメールでは、「ちょっと子供向きですが」とありました。まあ超能力を持った「ニュータイプ」達の物語って感じで、少し古いって感じもしますが、相手を倒すことだけに命をかける『死亡遊戯』が持つ刹那さと、人造人間『ブレードランナー』(話が古すぎか?)が追い求めた自己存在の意味とかを、少し考えさせ感じさせるテーマも見え隠れしますよね。(大げさ!?か)

まあ仕事で請け負ったとはいえ、嫌いじゃない内容だとは思いますよ。

そういえば瀬々が監督し、L'Arc〜en〜CielのHydeと神威 楽斗(GACKT)が出た『MOONCHILD』も少し思い出しました。

それにしてもこの映画、日本国内向けというより、アジア向けですよね。ワーナーとしてはアジアにこの映画売りたいような感じもします。時代ですよね。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

須磨浦で「ウミホタル観察会」(^^)/ 始まるよ!! [釣り]

umiho-2.JPG前回の青物調査釣行では、釣果を出すことが出来ましたが、この時季、須磨浦への釣行で私は、青物の釣果が出るか出ないかの一つの目安に、夜明け前のウミホタルの発生量を見ています。

須磨浦での釣果とウミホタルの関係では、ウミホタルが多すぎてもダメ、逆に少なすぎてもダメ。

とてもアバウトな言い方ですが、ともかく、釣れそうな時(雰囲気)の、ウミホタルの発生量というのが実際あります。

前々回の青物調査ではウミホタルが少なかく全く釣れませんでしたが、それに比べ、釣果の出た前回の青物調査では、暗いうちからルアーを投げると、投げたルアーを何かが追いかけてくる様子が、うっすら、ウミホタルのお陰で浮き出て分かる程度の量でした。

これが、投げたライン(道糸)までが足下からルアー先まで、かなりはっきり見えるようなウミホタル発生時では、明るくなってもなかなか釣果につながらないことが多いです。

でも、ウミホタルが発生し始めないと、須磨浦では青物がなかなか釣れないということがあります。

※須磨浦でのウミホタルの色は、私には青色というより緑色っぽく見えます(海が汚れてるからかなあ???)。ともかく大発生時はすごいです。波打ち際はどこもウミホタルで輝いてます。

やはり、プランクトンが発生しやすい環境が整えば、海岸部に魚の稚魚の群れ等が増えますし、その稚魚を食べるアジ等の魚も海岸に近づき、実際、海岸で釣りをしていると、そこそこ大きめのアジが何匹か群れで泳ぐ姿も見るようになります。

すると、そのアジ等を食べに来ていると思われる、青物も釣れ始めます。
ことに、プランクトンの増え始め(今頃)は、青物の狙い目で、この時季が須磨浦の海岸(ショア)からでも、意外と大物の青物が釣れるチャンスの時季です。



ところが水温がもっと上がり、プランクトンが大発生し始めると、アジの姿を見ることはありますが、稚魚が減り、青物も釣れにくくなります。そうすると少し涼しくなるまで待つか、雨が降った日の翌々日くらいがいいように思います。
※夜のショアジギングでのタチウオ釣りは別ですが。

で、今日の本題ですが、このウミホタルの観察会、第1回目が7月25日(土)午後7時から行われる(※すでに定員に達し、申し込みを締め切った)ようですが、この時季は夜も小さいお子さんとウミホタル観察で楽しめます。ちなみに、8月22日(土)には、第2回目のウミホタル観察会が開催されるようです。(^^)/

別に観察会に参加する必要もありませんが、お子さん連れの場合はライフジャケットの着用か、安全なところでの観察にして下さい。ともかくご家族やカップルで、涼しい海辺でウミホタル観察は、楽しいです。ムードも満点。

釣りはこの時季、海水浴客も増えるので、日中や夕方は須磨海岸での釣りは出来ません。
なので、ウミホタル観察後、夜釣りというのもいいのではないでしょうか。

でもまあ、ウミホタルで楽しめる時季になると、須磨ではなかなか青物は釣れませんが。(^^;)

オーム電機 30LEDランタン 200lm 単3×3本使用 LSP1311H LSP1311H

オーム電機 30LEDランタン 200lm 単3×3本使用 LSP1311H LSP1311H

  • 出版社/メーカー: オーム電機
  • メディア: スポーツ用品



前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。